×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

電動ガン、18歳 

電動ガンとは、エアソフトガンのうち、電気で動くメカニズムを持つもの(電気モーターでスプリングを圧縮・開放して弾丸を発射する玩具)をいう。
エアソフトガンとは、プラスチック製の弾丸を低圧の圧縮空気、または難燃性の低圧ガスの圧力で発射する機構を持つ遊戯銃の事です。
英語圏ではAirsoft(エアソフト)などと呼ばれている。
主に日本で使用できるエアガンには10歳以上用と18歳以上用の2種類あり、10歳以上用はパワー上限が0.135J以下、18歳以上用はパワー上限が0.989J以下であると制限がある。
またパワーが0.989Jを超えるものは、準空気銃として扱われ、銃刀法違反として取り締まられる。
なので、電動ガン(エアガンなど)で遊ぶ場合には、10歳以上用と18歳以上用で決められた制限を守り、安全に楽しく遊びましょう。

電動ガン、エアガン、東京マルイ

電動ガン(エアガン)メーカーの種類は多く最近は通販で手軽に電動ガンを買えるようになりました。
また、中古でも色々な種類の電動ガンを販売しているお店もあるので、自分の好きなものがあれば安い価格で買うことが出来る。
電動ガン(エアガン)のメーカーを挙げると東京マルイ、KSC、ウエスタンアームズ、TOP、マルシン、マルゼン、タナカ、KTW、KHC、(哲平社)、CAW等があります。
その中でも、東京マルイは業績的にも最大のメーカーで、電動ガンが大変売れているようです。
エアガンも低価格、高耐久性、高命中率の3拍子がそろっているので、電動ハンドガンの性能への期待は大きく、電動ガン好きには、魅力のあるメーカーだといえるでしょう。
電動ガン(エアガン)を買う時には、一度東京マルイで商品を見てみるのも良いかもしれません。

電動ガン 軍隊

電動ガンは、玩具の部類ですが、現在では、実際の軍隊の訓練でも電動ガンが使われている。
特に国産のモデルは、形状や操作方式が実銃ほぼそのまま再現されており、米軍の一部部隊に納入されていたり、ペイント弾用にカスタマイズしたモデルが陸上自衛隊の訓練に使われている。
諸外国の軍隊やPMCなどが一部エアソフトガンを採用している。
また、東京マルイより発売された89式小銃などは玩具として設計されたのではなく、防衛庁の訓練用機材として設計されたものである。
軍隊では、ペイントボールガンや実銃に二酸化炭素ガスを注入するカートリッジにペイントボールを込めて使用するがペイントが付いたり、コストが高い。
そのため、コストの低い電動ガンを軍隊用に改良して訓練するようですが、電動ガンが軍隊で使われる位なので玩具とも言い切れないような気がします。

Copyright © 2007 電動ガン